蘇鉄が多い知多半島 



樹齢二百年以上の蘇鉄

地蔵寺の境内に大きい蘇鉄があります。
また知多半島のお寺には本当にたくさんの蘇鉄が植わっております。
よく名古屋の方面からお参りに来られた方が冬は「ここは暖かいねぇ」
夏は「ここは涼しいねぇ」と言われます。
蘇鉄は暖かい気候の場所を好みます。沖縄に行かれたことの
ある方はおわかりになると思いますが沖縄には蘇鉄が沢山植わってます。
それだけ知多半島の気候は暖かいのです。
なので蘇鉄が知多半島の気候と合いたくさん植わっているのであります




先日蘇鉄の花(これが花?と思われますが)にカブトムシと
カナブンがくっついていました。
蜜でも出ているのかなぁと不思議に思っていました。
後日庭師さんに剪定してもらって切った花を嗅いだら
なんと、マンゴーやバナナのような南国系の果実の匂いがしたのです。
やはり蘇鉄は南国のような暖かいところで生息する植物なのですね。
知多半島は大げさに言うと尾張、名古屋の南国ということになりますね。



これは数年前裏の庭に咲いた蘇鉄の花。
これはメスの花です。
何十年前から植わっていますが
花が咲いたのは初めてです。
最後は花が開いて中から赤い種がでてきました。
見た目が花に見えないのですがこれが花です。
上の写真はオスの蘇鉄です。

TOPページに戻る