知多市文化財 大日如来、薬師如来
未年申年の守り本尊
申、未年の守り本尊

 よくお遍路さんに「地蔵寺の本尊様は大日さんですか?」と聞かれます。
当山の本尊様はお地蔵さんですが、本尊様と間違えるほど見ごたえがございます。
知多半島の中でもかなり大きい仏様ではないでしょうか?
そして実は地蔵寺の本尊様は昔は大日如来様でした。
お寺の名前はわかりませんが大日如来様を本尊としたお寺がこの大草にあり鎌倉の中期に蜂須賀蓮華寺の良敏上人様がこの地に巡杖された際大日様の美しさに感銘をうけ、お寺を改修、復興させて弘法大師作と伝わる地蔵菩薩を本尊とするお堂を作りました。
以来「摩尼山地蔵寺」と言われるようになりました。
その時から本尊様が大日如来様からお地蔵様に変わったと言われます。
昔からお地蔵様と同じぐらい大日如来様の事を信心する人も多くみえます。
また大日如来様は申、未年の守り本尊であります。
また薬師如来様とともに知多市の指定文化財(鎌倉時代)です
どうぞ大日如来様に会いに来て下さい。

知多市文化財第1号  大日如来座像
    
   鎌倉時代
 
 
 
知多市文化財第2号   薬師如来座像

鎌倉時代  隣の津島神社(牛頭天王社の本地仏)


TOPへ